【初心者必見】Google Analyticsで自身アクセスを除外する2つの方法

みなさんこんにちは。

カフカ(‎@EH4cTWnd7HRWDcQ)です。

みなさんはこのような悩みはありませんか?

悩める人

Google Analyticsを利用しているんだけど、どうしても自分のアクセスがカウントされてしまうんだよね。

除外する何か良い方法はないの?

本日は【Google Analyticsで自身アクセスを除外する2つの方法】をお伝えしたいと思います。

この記事はこのような方にオススメ
  • Google Analyticsをこれから設定する予定
  • Google Analytics設定を完了したがPV数がなんだか多いような気がする

はじめに

自身アクセス数が原因

『おーPV数がかなり増えている』

と思っていたのですが、

ほとんど自身アクセス数が原因。

生恥をさらしました。

そのような失敗がないように、今回は皆さんに

『Googleアナリティクスで自身のアクセス除外する2つの方法』をお伝えします。

Googleアナリティクスで自身のアクセス除外する2つの方法

除外方法
  1. 自身のIPアドレスを確認
  2. Google Analyticsのフィルター機能設定
  3. きちんと除外できているか確認

IPアドレスについて

IPアドレスとは

『PCを識別するインターネット上でのあなたの住所のような役割』

  • IPv4方式
  • IPv6方式 があります。
悩める人

あれ?ドメインとは違うの?

ドメインとは

『IPアドレスを人間にわかりやすい文字に置き換えたもの』

自身のIPアドレスを確認する(IPv4 方式編)

①アクセス情報(使用中のIPアドレス確認)CMAN >『IPアドレス』確認

②『Google Analytics』>『管理』

②『管理』>『フィルタ』

③『フィルタ』>『+フィルタを追加』

④『+フィルタを追加』>『ビューにフィルタを追加』

  1. 『新しいフィルタ』を選択
  2. 『フィルタ名』を記入。自身がわかりやすい名前であればOK
  3. 『カスタム』を選択
  4. 『フィルタフィールド』は『IPアドレス』を選択
  5. 『フィルタパターン』は先ほどの『IPアドレス』を記入

⑤最後に『保存』をクリックして完了

自身のアクセスが除外されているか確認する

『自身のサイト』アクセスした状態で

>『Google Analytics』>『リアルタイム』>『概要』でチェック

悩める人

ふ〜これで安心だね。これでバリバリできるぞ。

実は『IPv4方式で除外されない場合』があるんだよ。現在では『IPv6』が主流になってきているため『IPv6』用にGoogle Analyticsをきちんと設定しないといけないんだ。次からそれを見ていくよ。

IPv4方式で除外されない場合には

自分のIPアドレスを確認する(IPv6方式編)

  1. 『あなたのIPv6をテストしてみましょう』にアクセス
  2. 『あなたのDNSサーバは、IPv6インタネットアクセスがあるように思われます』とあれば『IPv6方式』で接続されている
  1. 『フィルタ名』を記入。自身がわかりやすい名前であればOK
  2. 『定義済み』を選択
  3. 『除外』・『IPアドレスからのトラフィック』・『前方が一致』を選択
  4. 先ほどの『IPv6アドレス』→『●●:●●:●●:●●』の前方4つを記入。

IPv6の除外設定方法

①『Google Analytics』>『管理』>『フィルタ』>『フィルタ順序の割り当て』

『フィルタ順序の割り当て』『現在のフィルタ』>『上に移動』>『1』を選択

自身のアクセスが除外されているか確認する

①『自身のサイト』にアクセスした状態で

 『Google Analytics』>『リアルタイム』>『概要』でチェックする

まとめ

今回は『Google Analyticsで自身のアクセス除外する2つの方法』をお伝えしました。

Google Analyticsのデータはブログ運営には欠かせないものなので正確なデータが求められますよね。

最後までご覧いただきありがとうございました。